fut-fifa22

【最新】FIFA22のブラックフライデーまとめ。FUTで排出されるパック、SBCは…

例年、11月末から12月にかけては、ホリデーシーズンに向けて必要なものを急いで購入しようとする人たちで、ショッピングが最も混雑する時期となっています。

その中には、「ブラックフライデー」も含まれており、『FIFA 22』のようなバーチャル空間でも割引やキャンペーンなどが数多く行われています。これまでは『FIFA 14』からブラックフライデーに応じてFUTで数多くのイベントを行ってきていますが、今作ではどのようなものになるのでしょうか。その詳細を紹介していきます。

ブラックフライデーはいつから?

ブラックフライデーは、2021年の11月26日(金)に開催されます。アメリカでは感謝祭の翌日に行われることが多く、今年は11月25日(木)になります。

FIFAに関して言えば、ブラックフライデー現象は、「スーパーサンデー」や「サイバーマンデー」など、EAスポーツのカレンダーの他の日と結びついており、通常、ゲーム内では週末に一連のオファーやチャレンジ、割引が行われます。

すでにFUTでは公式にブラックフライデーイベントを告知。日本時間11月26日(金)23時開始となっています。

ブラックフライデーに登場するパックは?

ブラックフライデーからサイバーマンデーまでの間、プレミアム選手パックやレア選手パックなどの特別なパックが数量限定でストアに登場。これらは通常、先着順で販売されますが、時間制限のあるものもあります。

これまで過去にもパックの割引などのキャンペーンを行ったことがあり、特定のパックでは1つ購入すると1つ無料になるキャンペーンも行っています。特別なパックはSBC(チーム編成チャレンジ)やゲーム内の目標によっても入手できるはずです。

ブラックフライデーにはどんなSBCがある?

ブラックフライデー、スーパーサンデー、サイバーマンデーの期間中に販売されるスペシャルパックの中にはSBCを達成した際の報酬として配布されるものがあります。

SBCの中には、日本時間午前3時から24時間限定で実施されるものや週末全体で開催されるものがあります。

中でも特殊なのがフラッシュSBC。これらはブラックフライデーとサイバーマンデーに1時間または2時間だけ提供されます。フラッシュSBCでは、アップグレードされた選手や過去の「TOTW」で活躍した選手など、大きな報酬がもたらされることがあります。また、アイコンのSBCは、週末のミックスにも含まれることが予想されます。

ブラックフライデーに新たに登場する選手は?

毎年ブラックフライデーの前後には、「Best Of TOTW」として過去のTOTW選手が登場します。これらのパックには、これまでのシーズンにおいて、各ポジションで最も高い評価を受けた特殊カードが含まれています。

昨年の「ベストTOTW」には、リオネル・メッシ、ロベルト・レヴァンドフスキ、サディオ・マネ、エンゴロ・カンテが選ばれました(下記参照)。そして、今作のベストTOTWでもムバッペやモハメド・サラー、レオン・ゴレツカなど豪華な面々となっています (下記参照) 。こちらはチーム1であり、今後チーム2が発表される予定です。

https://twitter.com/EASPORTSFIFA/status/1463930601548009474

ブラックフライデーのカード排出スケジュール

すでにブラックフライデーの排出スケジュールは発表済み。上記のベストTOTW(チーム1)は11月26日午前3時~11月28日午前3時まで。さらに、ブラックフライデーと同時に発表された新カード(下図参照)「シグネチャー・サイン」は11月26日23時~12月1日午前3時まで。シグネチャー・サインではケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)やウィサム・ベン・イェデル(モナコ)といったFUTでの人気選手も登場しています。

https://twitter.com/EASPORTSFIFA/status/1464232610301980672

今後、発表される予定のベストTOTW(チーム2)は11月28日午前3時~12月1日午前3時まで排出。最後に「シグネチャー・サイン」のミニリリースで新たに若干名の新カードが登場しますが、こちらは11月29日午前3時~12月1日午前3時までが排出期間となっています。

FUT市場は暴落するのか?

ブラックフライデーによってFIFA 22の移籍市場が大暴落するかどうかを予測するのは難しいですが、過去にもプレイヤーが自分のチームを高値で売ろうとするために起こったことがあります。

ブラックフライデーには多くのパックが提供されるため、通常よりも多くのパックが開封され、より多くの選手が市場に出回ることになり、通常は選手の価格が大幅に下落します。しかし近年では、イベント開催前の数週間の間にすでに行われていたため、それほど厳しい状況にはなっていません。

ブラックフライデーの移籍市場の暴落は、1月初旬の「チーム・オブ・ザ・イヤー」の前に起こる暴落とは比べ物にならないと考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。