fifa-22-ultimate-team

FIFA22で得点が取れない人必見!3つの最強ゴールパターン

以前、当ブログでは『FIFA 22』について守備が難しいため、守備の方法について解説してきました。

しかし、最新のサッカーゲームではゴールを奪うのも簡単ではありません。ただ、スピードのある選手で抜け出したり、シュートが上手い選手でゴールを狙うだけでは得点には結びつきません。

当然ゴールを奪えなければ試合には勝利できず、フラストレーションをためてしまうことでしょう。そこで、FIFA 22で強いとされる得点パターンについて紹介していきたいと思います。ここで肝心なのはスキルムーブを多用しないということ。筆者自身、スキルムーブを使うのはあまり得意ではなく、使える選手も限られてしまいます。なので、今回はスキルムーブをあまり使わなくても、点が取れる攻撃方法を教えていきます。

縦ワンツーの使用

L1+パスを押すことで、ワンツーパスをすることができますが、これは縦でも同様に可能です。ボールを持っている選手が一度後ろにいる選手に落とし、走り出したところにスルーパスを通すというやり方になります。

守備側はどうしてもボールを持っている選手に集中するため、走り出した選手へのマークがおろそかになります。特にバイタルエリアであれば、他にドリブルやシュートなどの選択肢もあるため、簡単に裏へのスペースを空いてきます。さらに、今作のAIの仕様上、マークを外してしまう傾向があるため、うまくカーソルチェンジを使いこなすプレイヤーでなければ、この縦ワンツーを完璧に防ぐことは難しくなっています。

最後に縦ワンツーを使う場所。特にペナルティーエリアの角よりも内側で行うことで、決定的なシーンを生み出すことができます。そこからシュート、もしくは中へと折り返すことでゴールを簡単に陥れることができるでしょう。逆に中央では相手DFが多く、スペースがないため、パスが相手選手にカットされてしまいます。

ニアサイドの攻略

こちらも上記の縦ワンツーを生かした攻撃方法です。特にサイドの内側(ニア)を崩してゴールを奪うやり方となっています。

基本的にはサイドアタッカーとサイドバックで行い、決定的なシーンを生み出すというもの。縦ワンツー、もしくはサイドバックをトリガーランで内側に走らせるという方法もあります。こうすることでニアサイドというゴールに近い位置からクロスを上げることができます。

今作では中にいる選手(FW)のAIが賢く、ゴールに近いニアからのクロスでは特にマークを外してくれます。逆に言えば、守備側が相手選手のマークを外しやすくなっており、簡単なショートパスやR1+パス(強パス)、またはスルーパスを送れば、フリーでゴールに流し込むだけというシーンを作り出せるようになっています。

セットプレー(コーナーキック)

熟練のプレイヤーの間では、すでに話題となっている「ハメ技」です。以下はやり方となっています。

  • 1.カスタム戦術で「コーナーキック→1/5」に設定
  • 2.コーナーキックの際に味方を呼んでショートパス
  • 3.ペナ付近の味方へ素早く強パス
  • 4.ファーへゲージ2より強めにクロス

これだけとなっています。AIの仕様上、ファーの選手がフリーになりやすく、GKもシュートをあまり防ぐことができず、ゴールにつながりやすいパターンです。相手が逆に警戒すれば、通常のコーナーキックもチャンスになりうるためオプションとして覚えておきましょう。

まとめ

今回はゴールを奪いやすい3パターンについて解説してきました。やはりサイドを崩すというのは鉄板のやり方で、今作はAIの改善により、さらに得点率が上がった印象です。サイドの崩しを覚えることが得点力アップにつながるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。