fifa22-japanese

FIFA23日本人選手評価は?南野拓実や久保建英、冨安健洋ら能力値予想

通常版が9月30日に発売されることが決まった『FIFA 23』。毎年、能力値(レーティング)には多くのサッカーファンが注目しており、トップ選手も自身の能力に一喜一憂しています。

そして、日本人として気になるのがやはり日本人選手のレーティングです。前作のFIFA 22からどのような変化、進化を遂げるのか注目していきましょう。今回は、現実世界でのパフォーマンスを考慮し、能力アップについても分析していきたいと思います。

関連記事:FIFA23でJリーグ、日本代表はある?

FIFA22での日本人選手トップ10

前作のFIFA 22での日本人選手トップ10レーティングは以下の通りとなっています。

※所属クラブはFIFA 22のもの

  • 鎌田大地(フランクフルト):79
  • 遠藤航(シュトゥットガルト):78
  • 長谷部誠(フランクフルト):77
  • 中島翔哉(ポルティモネンセ):77
  • 伊東純也(ヘンク):77
  • 堂安律(PSV):76
  • 南野拓実(リヴァプール):75
  • 冨安健洋(アーセナル):75
  • 久保建英(マジョルカ):75
  • 酒井宏樹(浦和レッズ):75

鎌田大地はヨーロッパリーグを制覇したフランクフルトの中心選手として1シーズンを通じて活躍。公式戦45試合で8ゴール4アシストを記録しており、レーティングが「80」を超える可能性もあるでしょう。

また、プレミアリーグでプレーした2人の日本人選手にも注目です。南野拓実は厚い選手層に阻まれながら公式戦10ゴールを記録、冨安健洋は負傷離脱するまではアーセナルの絶対的な主力としてプレーしており、「75」からのアップは確実でしょう。

今や日本代表のエースとなった伊東純也のレーティングも期待が集まるところ。ヘンクで安定した結果を残し、昨季はリーグ戦34試合で8ゴール15アシストを記録。ここまで順調に能力をアップさせてきましたが、日本人トップの選手となる可能性もありそうです。

一方で、所属クラブで結果を残せなかった久保建英や中島翔哉、酒井宏樹といった選手は現状維持もしくはダウン評価となるかもしれません。また、長谷部誠も年齢とともに出場機会を減らしており、レーティングは下がる可能性がありそうです。

大幅アップが期待される日本人選手

前作のFIFA22では日本人選手トップ10に入っていない選手も、2021-22シーズンの活躍により、大幅なレーティングアップを期待できる選手もいるでしょう。ここではそんな期待を背負う選手たちを紹介します。

※所属クラブはFIFA22のもの

板倉滉(シャルケ):74

2021-22シーズンはレンタル先であるシャルケで主力としてフル稼働し、ブンデスリーガ1部復帰に大きく貢献。ファンや首脳陣にも残留を強く望まれながら、移籍金の面で折り合いが合わず、ボルシアMGへの移籍が決まりました。すでに日本代表でも主力の一人となっているだけに、「74」からのアップは確実とみています。

守田英正(サンタ・クララ):73

今夏、ステップアップを遂げた選手の一人である守田英正。ポルトガル1部サンタ・クララで安定したパフォーマンスを見せると、3強のうちのひとつ、スポルティング・リスボンへの移籍が決まりました。ポルトガルの強豪クラブとしてプレーした中島翔哉が「77」のレーティングを得ていたため、守田もその程度の評価を受けることが期待されます。

三笘薫(ユニオン・サン=ジロワーズ):73

2021-22シーズンはレンタル先のユニオンSGで、29試合で8ゴール4アシストを記録し、チームの2位フィニッシュに貢献しました。その活躍が認められ、ブライトンでのプレミアリーグ挑戦が決まりました。能力値は「64」→「73」と来ており、若干のレーティングアップが期待できそうです。

古橋亨梧(セルティック):72

2021-22シーズンはセルティックでの2冠達成に大きく貢献した古橋亨梧。スコティッシュ・プレミアシップでは12ゴールを記録しており、リーグトップクラスの得点力を発揮しました。古橋の現在の「72」というレーティングは低すぎるので、FIFA23ではさらなるアップが期待できるでしょう。

日本人選手の固有フェイス

fifa22-kubo
久保も全く似ていません

ゲームファンが気にしているのが固有フェイス。いくら日本人選手がいてもその選手がゲーム内で似ていなければ、感情移入することは難しくなってしまいます。

しかし、FIFAシリーズではこれまでアジア系の選手は軽視されており、欧州でプレーする日本人選手で固有フェイスの選手は皆無。南野や久保といったバリューの選手であっても例外ではありませんでした。

一方で、Jリーグ選手は過去のスキャンデータがあり、昌子源や槙野智章、家長昭博ら一部の選手が固有フェイスになっていました。しかし、FIFA23ではJリーグは収録されないため、彼らを扱うことはできないでしょう。

fifa22-ienaga
家長昭博は固有フェイスでした

FIFA23で、新たに日本人選手の固有フェイスが実現しているかは注目のひとつです。

まとめ

今回はFIFA 23の日本人選手のレーティングについて解説してきました。発売が近づくにつれてレーティングも発表される見込みで、日本人選手の能力値も明らかになるはず。そのときまで楽しみにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。