cut-in

サッカーのカットインの意味とは?動きのメリットは…

サッカーでカットインとはどのようなプレーがご存知でしょうか。アタッカーにとってはおなじみのプレーですが、サッカーに馴染みのない人からすれば、言葉を聞いてもどのような動きかは想像できないかもしれません。

今回は、そんなカットインの意味について紹介。サッカーのカットインがどのようなものか、そしてスター選手のカットインを合わせて見ていきましょう。

関連記事:オーバーラップの意味とは?

カットインの意味

カットインは英語では「cut in」。意味はすでに浸透していますが、「急に言葉をさしはさむ」、「さえぎる」、「話をさえぎる」、「割り込む」などとなっています。

日本語の日常会話では、会話にカットインするといったように使われていますね。ですが、サッカーだと少々意味合いは異なってきます。

サッカーにおけるカットインとは?

soccer-cutin

サッカーにおけるカットインとは、サイドから中央にドリブルで切れ込むことを指します。近年では、右サイドに左利き、左サイドに右利きの選手を配置する傾向が強まっており、カットインすることによってシュートやクロスといった選択肢が増えるため、中央に切れ込む動きは、サイドアタッカーの常識ともなっています。

また、カットインした場合にそのまま利き足でシュートを打つことができるのが最大のメリット。さらに、DFは横にスライドしていく動きに弱く、誰がマーカーとして追うのが不明瞭になりやすい傾向にあります。そのため、横に水平移動していくカットインはDFにとっても厄介な動きとなるのです。

一方で、利き足と逆の足でクロスを上げられないからといって、逃げのカットインはむしろマイナス。縦の突破もできるからこそ、カットインが活きるので、プレーする場合には両方の選択肢を持っておく必要があります。

カットインのコツ

ただ、内側に切れ込むと言っても、効果的なカットインができなければ意味がありません。

まずは対峙する相手DFとの距離。遠すぎれば、ボールを内側に動かしても追いつかれてしまい、逆に近すぎるとDFの足に阻まれてしまいます。そのために約2メートルほどの距離を保ち、内側に動かすことで、カットインを成功する確率は飛躍的に高まります。

もうひとつが、ボールを置く位置。左サイドであれば右足、右サイドであれば左足側にボールを置くことが重要となります。そうすることでカットインか縦に抜くかを相手DFに迷わせることができます。さらに、DFからの距離が遠くなるため、奪われる可能性も下げることができます。

最後にドリブルのテンポ。カットインに限らず、ドリブルは緩急をつけることが重要です。最後に内側に切れ込む瞬間にスピードを上げることで、抜ききらなくても一瞬DFを引き離すことができます。そこでシュートなどの選択肢を持つことで、カットインに脅威が生まれるのです。

カットインの名手たち

サッカー界では現役選手の中にもカットインの名手たちがいます。ここでは、そんな選手たちを紹介していきます。

リオネル・メッシ

言わずと知れた世界最高の左足を持つ選手です。細かいタッチからカットインし、右サイドから左足で美しい放物線を描きます。どれだけ多くのDFがいても一瞬で無力化することができ、その繊細なボールタッチこそが最大の武器となっています。ドリブルはもちろん、シュートの技術も高く、カットインのみならず多くのゴールパターンを持っています。

アリエン・ロッベン

やはりカットインと言えば、この男。わかっていても止められないとは、ロッベンのためにある言葉と言えます。右サイドでボールを持てば、まずカットインから左足で持ってくることは確実です。ただ、それがわかっていても初速の速さでDFを惑わし、正確な左足でゴールを陥れます。足の振りが正確かつ速いので、シュートブロックに入りづらいのも特徴のひとつ。だからこそ、同じパターンで数多くのゴールを記録してきました。

まとめ

今回はカットインについて紹介してきました。プレーしてみればわかりますが、中央に切れ込むのはスタミナ、ドリブル技術、視野など意外にも多くのことが要求されます。ましてやそこからシュートを決めるのは最高クラスの技術であり、メッシやロッベンがいかに超人なのかがよくわかります。

ですが、サイドアタッカーにとっては最大の見せ場であることも確か。彼らの動きを学び、カットインに挑戦してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。