soccer-kozin

個人参加のサッカーで大活躍!結果を残すために必要なことは?

今日もルーティンである個人参加のサッカーへ。場所は下落合にある落合中央公園で、6~8時という早朝タイムでした。この後に仕事をすると思うと、気が重い…。それでも行ってきました。

いつもどおりにLaBOLA(ラボーラ)で予約し、相手チームは個人参加のサッカーでも見知ったことのある人がちらほらいるチーム。以前に紹介した嫌なヤツもいるチームでした。ちなみにその嫌なヤツは決定機をミスっていた一方で、今日の僕は絶好調だったということで、活躍できた要因を振り返っていきます。

パフォーマンス

occer-shimoochiai

いつもどおり出場数は20分×3本。すべてFWとして出場し、2ゴール3アシストでした。チームは終盤大量失点していましたが、合計スコアではギリギリ上回っていたように思います。

1ゴール目は右サイドからのクロスをフリーでトラップし、右足でゴール左へ流し込んだもの。2ゴール目は味方が高い位置で奪い、スルーパスから冷静に右足で流し込みました。

ただ、正直ゴールよりもそれ以外の無難なポストプレーをこなすことのほうが自信になるもの。やはり毎週サッカーをしていると、動き方も習慣づいてくるもので、少しずつ安定感が出てきたようです。

では、この日に限ってというわけでもないですが、なぜ活躍できたのでしょうか。

なぜ活躍できたか?

やはり一番は、身も蓋もない言い方ですが、相手の強さです。プレッシャーがかからず、低い位置でのビルドアップのミスも多いので、FWとしては多くのチャンスが訪れる状況でした。サッカーは相手あってのスポーツなので、この影響は間違いなく大きかったです。

ただ、もちろんそれだけではありません。2つ目に挙げたいのは味方を把握していること。ここ数週間、この個人参加のサッカーに参加しすぎて、ほとんど来ている選手が固まり始めているのです。今回で言うと、14~5名中7名ほどは知っている顔でした。なので、どの選手がどのようなタイプで、どのくらいの力量かをこちらは把握しています。それがわかっていると、動き方も変わってくるので、活かせたように思えます。

さらに、2点目と似た点ではありますが、チームメイトとの信頼も大事です。この人に出しておけば安心、と思われることでボールも集まってくるもの。特にこの日は大きなミスもなくプレーできていたので、自然にタッチ回数も多くなっていきました。

これらの要素が重なった結果、まずまずの結果を残せたのかなと思います。

まとめ

個人参加のサッカーに行きすぎて、もはやチームのような一体感も出てきています。しかも今回の活躍で、より信頼を獲得できた可能性もあるので、次回以降にも期待が持てます。まだしばらくこのルーティンは続きそうです。

皆さんも是非個人参加のサッカーへ踏み出してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。