soccer

個人参加サッカーの注意点。たまにとっても嫌な奴がいる件

今日は早朝に個人参加のサッカーへと行ってきました。生憎の雨でしたが…。ということで、今回はサッカー日記です。

いつものようにラボーラ(LaBOLA)で予約をしました。連絡が来たのは昨日の深夜でしたが、即レスして朝8時半から小石川運動場へ。おなじみの個人参加サッカーです。個人参加のサッカーの流れについてはいつもどおりなので、割愛します。ちなみに値段は朝開催だったこともあり、500円でした。

パフォーマンスは低調

soccer-kozin

サッカーはなんだかとても久々。週5でジムには行っているものの、前回フットサルをしたのは2週間近く前。実戦のサッカーをしたのも4月20日が最後だったので、かなり久々の実戦でした。これだけサッカー・フットサルから離れたのは珍しいかもってくらいでした。

いつもどおり20分×5本やっていたので、僕の出場数は3本。幸い、すべて本職であるセンターフォワードとしてプレーできました。

ただ、僕のパフォーマンスは全体的には低調そのもの。ポストプレーの際にトラップが荒れまくりで効果的なリンクとはなれず。個人的にFWの評価基準はポストプレーでどれだけ試合に関与できるか、ボールを進められるか、そしてゴールに関与できるかだと考えているので、及第点とは言いがたい出来でした。

求められるゴール前ではいくつか決定機があったものの、シュートミスやトラップミスでことごとくフイに。左サイドからのクロスに右足から滑り込んで決めたものの、チャンスの数を考えれば、1得点というのはなかなか渋い成績だったように思えます。

ただ、今回は僕のパフォーマンス云々より、気分を悪くするような輩がいたのでそちらについて言及を。

試合中に暴言連発

個人参加のサッカーに現れた輩というのは、30代くらいで金髪に近い茶髪、ひげにピアス、手足にタトゥーといった風貌の方です。LDH風といえばわかりやすいでしょうか。早い話、「やんちゃな人」といったイメージです。

その見た目通り、味方にコーチングという名の暴言を連発。初対面であったとしても、厳しい言葉をかけ続けていました。それが上手い選手ならまだしも、大した技術もないのに口だけはうるさいので、非常に不愉快でした。

僕はというと相手チームだったので、そこまで関わることはなく…と思いきや、競り合った際に「(フィジカルが)弱い。弱い」と不要な言葉をかけられ、気分を害されました(笑)。実際そうだったとしても言わなくいいことに加え、スコアは僕のゴールもあり、2-0と勝っていたので、「(いや、試合に勝ってから言えよ)」が喉元まで出かかっていました。ただ、揉め事は避けたいので、そっと退いておきましたとさ。体幹トレーニングしよう。

また、そのチームには明らかにサッカーをしていない運動不足のおじさんがいたことで、チームメイトからは暴言の嵐。「そいつに出すな」といった声や本人に直接糾弾するようなシーンも多くあり、なかなか壮絶でした。ただ、確かにもはやサッカーにならないというレベルのおじさんだったので、そちらにも非はあるような気はするのですが…。

まとめ

個人参加のサッカーは様々な人がいます。めちゃくちゃ上手い人、下手な人、口を出す人など、こちらが一緒にプレーする仲間を選ぶことはできません。脅すわけではないですが、そうした人がいることを理解した上で、参加することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。