soccer-post

サッカーにおけるポストプレーとは?求められる3つの技術

サッカーの攻撃で欠かせないテクニック、プレーのひとつであるのが「ポストプレー」。前線の選手が攻撃の起点となることを意味し、この技術で攻撃が上手くいくかどうかが決まってきます。

ですが、一口にポストプレーと言っても簡単なものではありません。今回はポストプレーに求められる技術や代表的なポストプレーヤーについて解説していきたいと思います。

ポストプレーとは?

サッカーのポストプレーとは、主に前線の選手であるFW(フォワード)が求められる動きのひとつ。前線で相手DFを背負いながらボールをキープし、味方の上がりを待ちつつ、前を向いた選手にパスをするというのがポストプレーとなります。自分たちの攻撃の時間を作るという意味で大きなプレーとなります。

サッカーにおいてこれができる選手がいるのといないのとでは大違い。ポストプレーヤーがいれば、味方が安心して“楔のパス”を送ることが可能となり、苦しくてもその選手を頼って“溜め”を作ってもらうことができます。この溜めにより、他の選手の体力を回復させたり、最終ラインを上げたりなど様々なプラスの効果があるのです。

また、サッカーだけではなく、バスケットボールでも「ポストプレー」という言葉は使われます。バスケットボールのポストプレーは、相手ゴールの下に長身選手やボールを上手く扱える選手を置き、その選手にボールを集めつつゴールを狙うというものです。サッカーよりもよりゴールに直結する役割と言えるでしょう。

関連記事:FWが求められるシュートの技術

ポストプレーに必要な技術

soccer-post

サッカーにおいて欠かせないポストプレーですが、それは最も難しい技術のひとつ。相手DFが後ろからボールを奪いに来るという圧力はやってみないとわからないもの。筆者自身、FW経験者ですが、ポストプレーは苦手でした。ただ、必要な技術はわかっています(笑)。以下で解説していきましょう。

ボディコンタクトの上手さ

これは「フィジカル」とも言い換えることができます。後ろから相手が厳しいタックルを見舞ってくることもあるので、それに耐えうるフィジカルやボディコンタクトが必要となります。相手の力を跳ね返す力、もしくは受け流すような上手さが必要となります。

トラップの上手さ

ただ、フィジカルが強くても、トラップが乱れてしまえば簡単に相手にボールを奪われてしまいます。必要に応じて少しボールを動かしてトラップするのか、自分の足下にピタリと止めるのかという技術はポストプレーには必要不可欠です。このトラップの技術が高いと、選手としても高く評価されるので、是非磨いておきましょう。

視野の広さ

忘れがちなのが視野の広さ。相手DFが後ろから来ているのか、それとも比較的フリーで受けられるのか。これを確認するのは自分自身です。常に首を振って視野を確保していれば、ポストプレーの成功率も上がることでしょう。ボールを受ける前に前後左右首を振るという予備動作は求められる動きのひとつです。

この3つの技術が揃えばポストプレーの成功へとつながります。また、しばしば身長が必要との声もありますが、必ずしもそうではありません。身長がなくとも、ポストプレーを巧みにこなす選手はいます。しかも日本に。代表的な選手について解説していきましょう。

代表的なポストプレーヤーは?

世界を見渡せば多くのポストプレーヤーたちがいます。代表的な例で言えば、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーやポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキなど。彼らはゴールゲッターとしても一流ですが、ボールをキープする能力も非常に高く、チャンスメイク力に長けています。ただ、ボールキープ力で言えば、日本代表FW大迫勇也も負けていません。

大迫は身長182センチとFWとしては比較的小柄の部類でありますが、ブンデスリーガで日々戦い、相手DFとも対等に渡り合っています。元日本代表DF内田篤人も「大迫なら安心してパスを出せる」と『DAZN』の冠番組内で語るほど。日本代表の歴代FWの中でも最高クラスのポストプレーヤーと言えるでしょう。

過去に大迫はその上手さの秘訣について語っており、予備動作の必要性を語っていました。“ボールを受ける前に一度相手DFに身体をぶつける”ことを挙げており、それでスペースを作ってからボールを懐に収めると話していました。それが体格の不利を覆しているようです。

ただし、これは大迫が身につけた特殊能力のようなもので、言うは易く行うは難しといったところです。簡単に真似できるものではないでしょう。

まとめ

今回はポストプレーについて解説してきました。サッカーの試合では必ず見られる局面がポストプレー。これが上手くいくかどうかで攻撃が成功するかどうかも決まってきます。ポストプレーについて注目して見ても面白いかもしれません。この技術が上手い選手が推しのチームに入ってくることを祈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。