【最新情報】FIFA23:『eFootball』に対抗する新機能は?

1993年以来、EAスポーツはFIFAと冠のつくゲームを発売しており、毎年新しいナンバリングタイトルを発売することは、ほぼ30年の伝統となっています。

ほとんどの場合、FIFAはその特殊な分野を支配しており、最も近い競合相手であるコナミの『eFootball』は、FIFAシリーズに再び対抗するために、ブランドと戦略の転換を図ることとなりました。

しかし、FIFAとEAスポーツのパートナーシップの更新が疑わしいため、ゲームの将来は不透明であり、ファンは新しいサッカービデオゲームのリリースについて確信が持てないままとなっています。そこで、今回は2022年9月30日にリリースされるFIFA 23について解説していきます。

関連記事:FIFA 23の搭載リーグ、代表チームは?

『FIFA 23』の発売日は?

20日にFIFA 23の公式サイトがオープンとなり、概要について発表。通常版は9月30日に発売、アルティメット版およびEA Playメンバー向けには9月27日から先行アクセスが提供されることが明らかになりました。

予約方法、特典は?

FIFA 23は、EA公式サイトより予約受付中です。また、アマゾンなどのサイトでもご注文いただけます。

また、『FIFA 23』のスタンダード・エディションを予約すると、以下の特典が手に入ります。

  • FUT チーム・オブ・ザ・ウィーク 1 選手アイテム(トレード不可)
  • キリアン・エンバペ レンタルアイテム(5試合分)
  • FUTアンバサダー ローン選手ピック、FUTマッチ3試合分
  • キャリアモード ホームグロウン・タレント、世界レベルの可能性を秘めた地元ユースの有望選手

一方、8月21日までに『Ultimate Edition』を購入した場合、以下の特典が付属します。

  • 11月11日の期間限定FIFAワールドカップFUTヒーロー選手アイテム(トレード不可)
  • 4,600FIFAポイント
  • 3日間のアーリーアクセス
  • FUT Ones to Watch選手アイテム(トレード不可)
  • FUT チーム・オブ・ザ・ウィーク1 選手アイテム(トレード不可)
  • キリアン・エンバペ ローンアイテム FUT 5試合分
  • FUTアンバサダーローン選手ピック、FUTマッチ3試合分
  • キャリアモード ホームグロウン・タレント、ワールドクラスの可能性を秘めた地元ユースの有望選手

これまでの作品と同様に、予約したゲーマーは『FIFA 23』のアーリーアクセスを受けることができるようで、2022年9月27日(火)からゲームをプレイすることができます。一方、EA Playの加入者は10時間の無料トライアルを受けることができます。

どのゲーム機で発売される?

FIFA 23の対応プラットフォームは、プレイステーション5/Xbox Series X|S/PC(+海外ではStadia)、およびプレイステーション4/Xbox Oneであることが発表されました。

FIFA 23の新要素

クロスプレイ

クロスプレイはオン・オフが可能であり、PS5とXboxSeriesX|Sのように同世代機種ではプレイすることが可能に。しかし、従来と同様にPS4とPS5のように世代間が異なる機種ではマッチングしない仕組みになっています。

ハイパーモーション2

ハイパーモーションがさらに進化し、6000試合以上からモーションを追加。女子選手についても収録し、機械学習によりモーションを取り出しました。それにより、DFやGKの受け構え方も自然となり、より本物のフットボールに近づきました。

プレイ面での進化

プレイ面でも大きく進化し、新たにパワーショットが打てるようになりました。これはチャージに時間がかかりますが、前にスペースが生まれたときに強力なシュートを放ってゴールを狙うことができます。それ以外にもスライディングやタックルのバリエーション追加、アウトサイドやボレーでのパスなど、より現実に近い動きを楽しむことができます。

最大の進化のひとつがセットプレーで、新システムが導入。右スティックを使って、ボールのどの部分を蹴り、どのような軌道を描くかを選択できるようになりました。また、コーナーキックを直接狙うことも可能となっています。

FUTの進化

FIFA 23 Ultimate Teamも革新的な進化を果たし、クロスプレイ機能も導入。現実世界とリンクしたシナリオイベントやチャレンジが発生し、新たなゲームモード「FUTモーメント」も登場します。新たなFUTヒーローとして、ヤヤ・トゥーレ、パク・チソン、リカルド・カルバーリョも発表されました。

また、ケミストリーリンクについては全く新たな仕様になることが予想されています。これにより、今までにないチーム編成も可能となるでしょう。

『eFootball』シリーズに対抗

EAスポーツでは、『UFC 4』や『Madden NFL 22』などの人気タイトルでもクロスプレイの機能は導入されてきませんでした。

では、なぜクロスプレイが新たに導入されるのでしょうか。

それは『FIFA』シリーズのライバルとなる、コナミの『eFootball 2022』に対抗するためです。

コナミはサッカーゲームのブランドを『ウイニングイレブン』から『eFootball』へと変更し、ゲームを無料でプレイできるようにし、クロスプレイを搭載しました。そして、モバイルユーザーにも普及させることに成功させています。

FIFA 23に「ユヴェントス」が復活する?

ユヴェントスとコナミの「eFootball」シリーズとの独占契約が終了し、セリエAの巨人が『FIFA』シリーズに復帰する可能性が出てきています。

ユヴェントスは2019年からコナミの独占となっており、EA Sportsはクラブ名とブランド名を削除し、「ピエモンテ・カルチョ」という代替名称を採用せざるを得なくなっていました。

しかし、今回の発表により、2023年にブランド名がEA Sports FCに切り替わる前の、同タイトルで最後のシリーズとなる『FIFA 23』にユヴェントスの肖像画を含める道が開かれました。

FIFA 23の表紙は?

FIFA 23の表紙は、キリアン・エンバペと女子選手のサム・カーであることが明らかになりました。エンバペは3作連続でカバースターを務めることになります。

女子選手が初の起用に

FIFA 23のトレーラーは?

EAスポーツは、7月20日にトレーラー映像を解禁しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。