soccer-malicia

サッカーでバイタルエリアの意味とは?守備側が特に注意すべき場所

サッカーでバイタルエリアという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。エリアという文字通り、場所を指す言葉ですが、具体的にどこがバイタルエリアか説明できる人はそれほど多くないでしょう。

そこで、今回はバイタルエリアについて場所やどのように使われるかを解説。現代サッカーにおいてなぜこのエリアが重要視されるか説明していきたいと思います。

バイタルエリアとは?

バイタルエリアとは、英語の「vital」「area」を合わせた造語です。エリアの意味はすでに日本でも浸透していますが、「vital」とは「生命の」や「命にかかわる」といった意味を持っています。医療ドラマなどで「バイタル」などはしばしば使われており、聞いたことがあるかもしれません。

つまりバイタルエリアは「命にかかわるエリア」。少し大げさではありますが、サッカーにおいてはそう理解しても間違いではありません。

サッカーにおけるバイタルエリアとは?

サッカーでのバイタルエリアとは、得点につながるプレーが起こりやすい場所を指します。具体的にはペナルティーエリアのすぐ外で中央付近を意味することが多くなっています。一方で、ペナルティーエリアやゴールエリアのように線が引かれて具体的に示されているわけではなく、あくまでも感覚値でゴールが生まれやすい地点を指します。

バイタルエリアではひとつのプレーがそのままゴールに直結します。例えばミドルシュートやラストパスなどで一瞬にしてゴールの分かれ目が訪れます。すなわち、攻撃側はバイタルエリアでは思い切ってチャレンジをしていくことで、ゴールへと結びつけることが重要となります。シュートはまず打ってみなければ始まりません。

一方で、バイタルエリアは守備側にとって特に注意が必要な場所です。少し気の緩みやプレスの遅さが失点へと直結します。逆に不用意なファウルでも、危険な位置でFKを与えることになってしまうので、バイタルエリアでは細心の注意を払って守備を行う必要があります。

とにかく守備側にとっては不利なバイタルエリアでの戦い。そのため、まず行うべきはバイタルエリアに相手・ボールを侵入させないことが一番の守備となります。チーム全体が間延びしていると、バイタルエリアへの侵入は容易にできてしまうので、注意が必要です。仮に相手チームにバイタルエリアへと侵入されても、前を向かれていい形でボールを持たれないような守備を心がけましょう。

まとめ

今回はバイタルエリアについて解説してきました。現代サッカーにおいて欠かせない場所であるバイタルエリア。攻撃側であれば思い切って、守備側であれば慎重にプレーすることが重要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。