FIFA23でクロスプレイが実現!どのゲーム機間でプレイできる?

人気サッカーゲームであるFIFAシリーズの最新作『FIFA23』が2022年9月30日に発売されることが発表されました。

今作からいくつかの新機能が追加。HyperMotion2 テクノロジーや女子クラブサッカーなどともに注目を集めているのが「クロスプレイ」でしょう。では、クロスプレイとはどのようなもので、FIFA23においてどのような効果をもたらすのでしょうか。以下で解説していきましょう。

関連記事:FIFA 23最新情報

クロスプレイとは?

クロスプレイとは、ゲームなどにおいて異なるゲーム機種間で通信を行い、オンラインプレイを行う機能。「クロスネットワーク対戦」「クロスプラットフォームプレイ」とも言われます。

近年、特に複数のプラットフォームで発売されるような人気ゲーム作品においては欠かせない機能となっており、「フォートナイト」「エーペックスレジェンズ」「オーバーウォッチ2」などの人気ゲーム作品にも導入されています。

FIFA23のクロスプレイは?

表でも公開

FIFAシリーズでは初のクロスプレイ機能を導入。FIFA23では、プレイステーション5、Xbox Series X|S、PC版でクロスプレイが可能、また、プレイステーション4、Xbox One版の2機種でもクロスプレイが可能となっています。

ゲームモードとしては、FUTディビジョンライバルズ、FUTチャンピオンズ、FUTオンラインドラフト、FUTオンライン親善試合、FUTフレンドをプレイする、オンライン親善試合、オンラインシーズンなどでクロスプレイが可能に。人気モードであるFUTにフォーカスし、クロスプレイができるようになりました。

一方で、日本で根強い人気を誇るプロクラブモード(最大11対11で対戦できるモード)ではクロスプレイ非対応に。技術的に複雑であるために、今作での実現は断念されたようです。

まとめ

今回はクロスプレイについて解説してきました。FIFAファン待望の新機能であり、特にオンラインではより対戦相手などが見つかりやすくなることが期待されています。クロスプレイが導入されるFIFA23をぜひ楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。