新砂運動場のサッカー場は…バスなどおすすめアクセスも解説

今日は仕事が休みだったので、言わずもがな個人参加のサッカーへ。時間があったので、いつもより少し足を伸ばして江東区にある新砂運動場へと行ってきました。初めて行くところだなーと思っていたら、途中の道で気づきました。実は一度草サッカーの助っ人で来たことがある場所でした。そのおかげで今の仕事に出会えたのですが、それはまた別の話。

新砂運動場とは?

さて、新砂運動場の最寄り駅は南砂町駅ですが、歩くとかなり距離があり、25分程度かかります。この暑い時期にはしんどいですね。ということでバスもあります。マイクロバスでの無料巡回バスが利用でき、大体1時間に1本くらいのペースであるので、こちらを利用するのがおすすめです。

もっとも、僕は原付バイクで行きました。いざ着いてみると、土日ということもあって75台を収容できる駐車場は満車でした。そのため、車での来場はおすすめできませんが、バイクや自転車を置くスペースは十分にあったので、心配ありません。また、車は7月1日から有料となりましたが、自転車・バイクでの来場なら無料なので、これもありがたいですね。

ただ、注意点として駐車場・駐輪場から会場までは徒歩5分程度離れています。スローブを登っていくので、やはり暑い時期はしんどかったです。

登っていくと最初に見えるのはクラブハウス。ここで個人や団体の受付ができます。肝心のサッカー場はクラブハウスから見て一番奥にあります。ただし、第一・第二運動場は全天候型の人工芝グラウンドなので、サッカーやソフトボールなどの試合にも利用できます。その他、テニスコートやターゲットバードゴルフ場などもあります。更衣室やシャワー室なども完備されています。

コートの周りにはところどころにベンチなどがあり、試合を外から見やすいような工夫がなされています。もっとも、緑がありすぎて虫の多さも気になるところですが…。

屋外トイレの横などを抜けていき、今日僕がプレーした場所は一番奥にある専門のサッカー場でした。105m×68mのしっかりとしたピッチで、ナイター設備も付いています。芝の長さは少々深めで、ボールが転がりづらい印象がありました。芝もふかふかなので、かなり足に疲れが溜まります。また、この時期は照り返しもきつく、気温以上の暑さを感じました。

個人参加サッカーでは充実のプレー

いつもどおりLaBOLA(ラボーラ)で予約して参加。ちらほら落合中央公園で見た顔もいつつ、3チーム30人(フィールドプレーヤー)でサッカーしてきました。

結果から言うと、最初から15分×4本連続でフル出場。FWで3本、中盤で1本プレーしました。ポストプレーがおぼつかない自分に苛立ちつつ、1ゴールを記録。左サイドからの折り返しを受け、トラップが決まりませんでしたが、一人かわして右足でニアハイを抜きました。コンディション的にしんどかったので、今日は1ゴールで満足しておきます。

ただ、この暑さの中4本連続で出ても、それほど足が止まらなかったのはプラス材料。週末、炎天下の中で河原ランニングしているかいがありました。そんな充実感とともに40分ほどかけて帰宅しましたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。