soccer-line-break

サッカーでのプレスバックの意味とは?アタッカーに求められる理由

サッカーでプレスバックという言葉を聞いたことはあるでしょうか。守備において時折使われる用語のひとつですが、サッカーを普段プレーしない、見ない人からすればよくわからない言葉になっているかと思います。

そこで今回はプレスバックという言葉の意味について解説。どのようなときに使用される言葉か説明していきたいと思います。

プレスバックとは?

プレスバックとは、プレスとバックを合わせた造語となります。プレスはボールを持っている選手に対して寄せてボールを奪おうとするプレー。そしてバックは文字通り「戻る」という意味です。

すなわち戻ってきてプレスをかけるというのがプレスバックというプレーになります。必然的に、最初から後方にいるDFがプレスバックするということはあまりなく、前線の選手やサイドハーフの選手が守備に戻ってきて、「良いプレスバックです」といったように使うのが自然な流れとなっています。

なぜプレスバックするのか?

プレスバックはチーム全体の守備を助ける上で重要なプレーのひとつ。例えば、サイドでの攻防の際にDFがボールを持っている相手選手を食い止め、ディレイさせているときにサイドハーフの選手がプレスバックすることで、相手選手をサンドすることができます。そうすれば、ボールを奪える可能性は飛躍的に上がり、チームがボールを持てる時間も増えることにつながります。

現代サッカーにおいては攻撃の選手が攻撃だけするというようなことはほとんど不可能となっています。そのため、どれだけ攻撃面で優れた能力を発揮できる選手であっても、最低限のプレスバックで守備に貢献するということは必要となっているのです。

もっとも、リオネル・メッシネイマールといった次元の選手になると、プレスバックしていてもアリバイ守備ではないかと思えるほど、強度の低い守備を見せていることもあります。これはあくまでも余談で、基本的にはどの選手もプレスバックは求められることと認識して誤りではないでしょう。

プレスバックすべき局面

当然、相手選手がボールを持って自陣ゴールを向いているときはプレスバックの必要がある局面と言えるでしょう。特に後方からのプレッシャーは視認できないため、うまく寄せて相手のミスを誘いましょう。

もちろん、闇雲に追っても意味がありません。すでに後方に待機している味方DFと協力してボールを奪い取る必要があります。途中までプレッシャーをかけてプレスバックをやめてしまったり、逆にいつまで経っても後ろから追いかけるだけで正面からのプレスがかからなければ意味がありません。味方との連携がうまく行って初めてボールを奪取できるのがプレスバックと覚えておきましょう。

また、ときに守備でヒーローとなれるのもプレスバックの特徴。プロの世界では前線の選手が猛烈に守備に戻ることで観客からの拍手も浴びることができる、いいプレーでもあります。

まとめ

今回はプレスバックについて解説してきました。このプレーがあることにより、サイドハーフの選手は多くの運動量が求められることになります。攻撃だけではなく、守備でも貢献することが求められるのがサッカーなので、サイドハーフでプレーする際はプレスバックを忘れずにするようにしましょう。

そうすることでサイドバックや守備陣の信頼も獲得でき、よりチーム内で良い立ち位置を築くことにつながるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。